リフォームについて その2


リフォームについて その2

想像してください。あなたの家の10年後、20年後を。独立、結婚、妊娠・出産、子供の成長、両親との同居、自身の老後や親の介護…今後を考えた時、
今の住まいのままで、数十年後も快適な生活が送れるでしょうか。欧米には築100年以上の家屋が多数存在します。
しかし、日本の一般的な住宅の平均寿命は、わずか約25年~30年というのが現状です。もちろん、欧米住宅がこれだけ長寿なのは、
地震の有無といった環境や気候などにも影響されていますが、元来、1つの家を何世代にも渡って継承して住む風習が根強くあります。
そのため、節目ごとの壁紙(クロス)の張り替え、バスルームなどの水回りや外壁の修繕などは、適宜行います。つまり、家そのものを愛し、手入れし、
大切に使ってきた賜物なのです。日本がそれに追くためには、基本的な住宅構造の改善、維持する仕組みや技術が必要です。

国土交通省では、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅「長期優良住宅」の建築及び維持保全に関する計画
(=長期優良住宅建築等計画)を認定する制度を設けています。「長期優良住宅」に認定された場合、各税制の適用要件を満たせば、
税制の特例措置を受けられます。また、就労先の企業や地方自治体によっては、補助金がでることもあります。
また、「建て替え」を選択した場合、既存の建物を全壊させるため、廃棄物が多く、処理費用や仮住まいの家賃などが発生します。
使える部位はできるだけ再利用し、住みながらの工事であれば転居費用も節約できる「リフォーム」に比べ、「建て替え」の方が総費用が高くつきます。
つまり、長寿住宅を見据えた「リフォーム」に努めれば、結果的に、「建て替え」よりも自己資本や地球環境への負担を軽減できるのです。
"住まいは1日してならず"です。あなたの大切な家、世代を超えて受け継がれるべき住まいを、長い目で愛してあげてください。
私たちは、あなたの想いと快適な生活を「リフォーム」を通して全力で応援します。


▲ リフォームについて その2 TOP

リフォーム リフォーム2 リフォーム3 トイレ キッチン 洗面所 住宅工事1 住宅工事2 増築工事 耐震補強工事

Copyright (C) Urban Planning リフォーム. All Rights Reserved.